支持率低下、「政治とカネ」も=官房長官(時事通信)

 平野博文官房長官は12日午後の記者会見で、時事通信の世論調査で内閣支持率が30.9%に続落したことに関し「数字は数字として、真摯(しんし)に受け止めなければならない」と述べた。低下の原因については「鳩山政権が訴えてきた人への投資、『命を守る』ということに対する実感が、予算執行上表れてきていない。『政治とカネ』についても批判されているのは事実だ」と指摘した。 

【関連ニュース】
内閣支持率、続落30.9%=参院選投票先、民・自並ぶ
民・公、際立つ接近=他の与党は警戒
「いずれ内閣改造ある」=民主・山岡氏
国民、政権交代実感できず=平野官房長官
前原氏「歴史的使命感で判断を」=小沢氏進退、支持率続落で閣僚発言

<田名部元農相>次期参院選立候補せず 政界引退へ(毎日新聞)
地元業者が「欠けにくい」信楽焼の新製品開発(産経新聞)
<自民党>中期計画に沿って予算編成 財政健全化法案を発表(毎日新聞)
<空自官製談合>防衛相「絵に描いたよう。びっくり」(毎日新聞)
<新型インフル>流行水準下回る 患者報告数「1」以下に(毎日新聞)
[PR]
by 51ky2jkjla | 2010-03-15 14:17
<< 山内議員元秘書を再逮捕へ 新た... ロバート秋山さん、玉突きで軽傷... >>